育休・介護休業に関わる手続きと労務管理のポイント【2020年7月開催】,サービス・リフォーム , 通信講座・通学講座・教材 , 教材 , その他,roughhollowhomes.com,NJ実務セミナー,DVDシリーズ,7699円,-,/enveloper2873325.html,- - NJ実務セミナー DVDシリーズ 介護休業に関わる手続きと労務管理のポイント 超特価 2020年7月開催 育休 7699円 - NJ実務セミナー DVDシリーズ - 育休・介護休業に関わる手続きと労務管理のポイント【2020年7月開催】 サービス・リフォーム 通信講座・通学講座・教材 教材 その他 7699円 - NJ実務セミナー DVDシリーズ - 育休・介護休業に関わる手続きと労務管理のポイント【2020年7月開催】 サービス・リフォーム 通信講座・通学講座・教材 教材 その他 育休・介護休業に関わる手続きと労務管理のポイント【2020年7月開催】,サービス・リフォーム , 通信講座・通学講座・教材 , 教材 , その他,roughhollowhomes.com,NJ実務セミナー,DVDシリーズ,7699円,-,/enveloper2873325.html,- - NJ実務セミナー DVDシリーズ 介護休業に関わる手続きと労務管理のポイント 超特価 2020年7月開催 育休

- NJ実務セミナー 《週末限定タイムセール》 DVDシリーズ 介護休業に関わる手続きと労務管理のポイント 超特価 2020年7月開催 育休

- NJ実務セミナー DVDシリーズ - 育休・介護休業に関わる手続きと労務管理のポイント【2020年7月開催】

7699円

- NJ実務セミナー DVDシリーズ - 育休・介護休業に関わる手続きと労務管理のポイント【2020年7月開催】




◆ 育休・介護休業に関わる手続きと労務管理のポイント【2020年7開催】 ◆

産前産後休業や育児休業、介護休業(休暇)の制度を整え、きちんと運用することは、従業員の働きがいを生み、人材の定着にもつながります。一方で、これらの取得にあたっては、給付金等の申請など、様々な社会保険手続きが必要になり、正しい知識に基づいた適切な処理が求められます。
本セミナーでは、産休・育休・介護休業(休暇)について、基礎知識をしっかり踏まえたうえで、休業から復職までの一連の手続きについて、ポイントや注意点を確認しつつ、それぞれの制度を円滑に運用していくコツを解説します。



  内容

  • 産休・育休から復職までの手続き
  • 介護休業(休暇)の手続き
  • 育児・介護に関する助成金
  • 各制度を円滑に運用するために

          

  講師

矢島 志織 氏 【特定社会保険労務士】
志‐こころ‐特定社労士事務所代表/KOKORO株式会社代表取締役。
SEとして人事系システム開発に従事。その後、中小企業や上場企業の人事部にて人事労務全般に携わり、社労士合格後、勤務社労士を経て現在に至る。
経営者の「志」を形に、そして多様な人財を企業の力に変えていくために組織コンサルティングを行なう一方、人事労務セミナーや企業研修講師としても活動中。




  ◆ 商品内容 ◆

  • セミナー収録DVD
  • 資料ダウンロード用ID

 ※ 収録時間:2時間41分03秒

発行:株式会社エヌ・ジェイ・ハイ・テック

- NJ実務セミナー DVDシリーズ - 育休・介護休業に関わる手続きと労務管理のポイント【2020年7月開催】

新しい技術

  • 髄膜炎ワクチンはすぐに来るかもしれない

    髄膜炎Bに対するワクチンはその有効性を示したばかりです。 これは、 髄膜炎 菌としてよりよく知られている細菌 Neisseria meningitidisを 標的とする。 2回の注射後、ほとんど全てのワクチン接種された人々は、4つの異なる株と戦う抗体を提示する。 まもなく Neisseria meningitidis として知られる 髄膜炎 菌性髄膜炎Bを防御する新しいワクチン。 この研究の研究者はまた、幼児のワクチンの有効性と安全性をテストし、すべてが期待どおりに機能することを確認しました。 髄膜炎は幼児に頻繁に影響するため、重要な検査です。 ©Sanofi Pasteur / PascalDolémieux、Flickr、cc by nc 2.0 まだ妊娠中です。 この髄膜(脳の保護包皮)の炎症はウイルス性または細菌性であり、平均して5回に1回致死的である。 関与する細菌の中で最も有名なものは、髄膜炎菌( Neisseria meningitidis)である 。 Cemicrobeseはすべての大陸で見つけられ、A、B、C、Y、W135という名前のいくつかの形で存在します。 ワクチンは、Bを除いて、すべての株について利用可能であり、多くの変種によって表される。 それでもヨーロッパとアメリカで優位を占めるのは彼女です。 Chiliont大学の研究者は、共通の構造を見出すために、すべ

    続きを読みます »
  • 髄膜炎ワクチンはすぐに来るかもしれない

    髄膜炎Bに対するワクチンはその有効性を示したばかりです。 これは、 髄膜炎 菌としてよりよく知られている細菌 Neisseria meningitidisを 標的とする。 2回の注射後、ほとんど全てのワクチン接種された人々は、4つの異なる株と戦う抗体を提示する。 まもなく Neisseria meningitidis として知られる 髄膜炎 菌性髄膜炎Bを防御する新しいワクチン。 この研究の研究者はまた、幼児のワクチンの有効性と安全性をテストし、すべてが期待どおりに機能することを確認しました。 髄膜炎は幼児に頻繁に影響するため、重要な検査です。 ©Sanofi Pasteur / PascalDolémieux、Flickr、cc by nc 2.0 まだ妊娠中です。 この髄膜(脳の保護包皮)の炎症はウイルス性または細菌性であり、平均して5回に1回致死的である。 関与する細菌の中で最も有名なものは、髄膜炎菌( Neisseria meningitidis)である 。 Cemicrobeseはすべての大陸で見つけられ、A、B、C、Y、W135という名前のいくつかの形で存在します。 ワクチンは、Bを除いて、すべての株について利用可能であり、多くの変種によって表される。 それでもヨーロッパとアメリカで優位を占めるのは彼女です。 Chiliont大学の研究者は、共通の構造を見出すために、すべ

    続きを読みます »