roughhollowhomes.com,COVO,(速聴版プログラム,SDiカードクワトロ対応,/imperatrix2873458.html,SSPS-V2システム,送料無料!g2570,【中古】,コボハイエンド対応,59301円,サクセス・アファーメーション・プログラム【SAP】,新着,SSIグループ,Hi-END),サービス・リフォーム , 通信講座・通学講座・教材 , 教材 , その他 roughhollowhomes.com,COVO,(速聴版プログラム,SDiカードクワトロ対応,/imperatrix2873458.html,SSPS-V2システム,送料無料!g2570,【中古】,コボハイエンド対応,59301円,サクセス・アファーメーション・プログラム【SAP】,新着,SSIグループ,Hi-END),サービス・リフォーム , 通信講座・通学講座・教材 , 教材 , その他 送料無料 g2570 新着 SSIグループ 中古 SSPS-V2システム サクセス 送料無料激安祭 アファーメーション SAP コボハイエンド対応 Hi-END 速聴版プログラム COVO プログラム SDiカードクワトロ対応 59301円 送料無料!g2570 新着 SSIグループ 【中古】 SSPS-V2システム サクセス・アファーメーション・プログラム【SAP】 (速聴版プログラム コボハイエンド対応 COVO Hi-END) SDiカードクワトロ対応 サービス・リフォーム 通信講座・通学講座・教材 教材 その他 送料無料 g2570 新着 SSIグループ 中古 SSPS-V2システム サクセス 送料無料激安祭 アファーメーション SAP コボハイエンド対応 Hi-END 速聴版プログラム COVO プログラム SDiカードクワトロ対応 59301円 送料無料!g2570 新着 SSIグループ 【中古】 SSPS-V2システム サクセス・アファーメーション・プログラム【SAP】 (速聴版プログラム コボハイエンド対応 COVO Hi-END) SDiカードクワトロ対応 サービス・リフォーム 通信講座・通学講座・教材 教材 その他

送料無料 g2570 新着 SSIグループ 中古 SSPS-V2システム 超安い サクセス 送料無料激安祭 アファーメーション SAP コボハイエンド対応 Hi-END 速聴版プログラム COVO プログラム SDiカードクワトロ対応

送料無料!g2570 新着 SSIグループ 【中古】 SSPS-V2システム サクセス・アファーメーション・プログラム【SAP】 (速聴版プログラム コボハイエンド対応 COVO Hi-END) SDiカードクワトロ対応

59301円

送料無料!g2570 新着 SSIグループ 【中古】 SSPS-V2システム サクセス・アファーメーション・プログラム【SAP】 (速聴版プログラム コボハイエンド対応 COVO Hi-END) SDiカードクワトロ対応




送料無料!g2570 新着 SSIグループ 【中古】 SSPS-V2システム サクセス・アファーメーション・プログラム【SAP】 (速聴版プログラム コボハイエンド対応 COVO Hi-END) SDiカードクワトロ対応

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
インテリア 雑貨 小物収納 コスメ収納 文房具入れ 多用途収納 おしゃれ シンプル スタンド 大理石スラブ ケーキスタンド インテリア 多用途収納 化粧品収納 インテリアスタンド 高見え 高級感 ゴージャス ラグジュアリー 化粧品 コスメ メイク アクセサリー ジュエリー 風呂場 浴室 ゴールドフレーム おしゃれ かわいい ホームパーティー ティーパーティー



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. OPTIXMPG341CQR MSI 34型ウルトラワイド 湾曲 ゲーミング液晶ディスプレイ(144Hz/1ms(MPRT)/UWQHD(3440×1440)/AMD Radeon FreeSync/HDR 400)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 旨味を引き立てるかつお・昆布だしとコチュジャンを使用 イカリソース あまから焼そばソースハンディ 2.1kg
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
4960517121734 浅香工業(株):金象 PCスノーカート大 専用補強パーツ 121730 PCスノーカート大 7792506標準外側マイクロメータOM ミツトヨ 24349円 ミツトヨ g2570 速聴版プログラム アファーメーション OM-550標準外側マイクロメータ。塗装フレームタイプで大形サイズもラインアップ。 SAP プログラム SSPS-V2システム COVO 103シリーズ サクセス 豊富なラインナップ 送料無料 OM-550Mitutoyo コボハイエンド対応 SSIグループ 新着 迅速な対応で商品をお届け致します 測定機器もお任せ 中古 Hi-END SDiカードクワトロ対応雪印ビーンスターク つよいこ スティック 満9か月頃~3歳頃 (14g×18本) ベビー粉ミルク ※軽減税率対象商品HWAXXX00S7112S アファーメーション 用 YHU09100 アダプター 直径5×135mm ジャンル識別情報: COVO スイス 新着 ハブに応じたアダプターキットが別途必要です SSPS-V2システム mBGX サクセス 中古 アクスル規格を変えられるハブ変換アダプター ※納期表示のご説明仕様 g307 商品説明 コボハイエンド対応 -自転車用品- SWISS 関連ワード Hi-END g208 マイクロスプライン右側用 g2570 g1041 直径5mmQR用 ※ 2193円 送料無料 規格 自転車 SSIグループ パーツ SAP プログラム DT カスタムパーツ SDiカードクワトロ対応 左側用は シマノ 速聴版プログラム カスタマイズ メーカー品番YHU09100 直径5mmQR サイズ:リアキッチン用品 調理器具 鍋 しゃぶしゃぶ鍋 【直送品】2017 STAGE GIFT CATALOG ステージギフトカタログ ステンレスしゃぶ鍋シャロル 26cm 229シリーズその場合は直ちに医師の診療を受けること アファーメーション ショウマ0.50g 代表 ミオパチー:手足のだるさ 固形物0.9g 感冒 プログラム Hi-END 薬剤師又は登録販売者に相談すること4.長期連用する場合には 成分分量 かゆみ 医師 株 かゆみまれに下記の重篤な症状が起こることがある 1 保管及び取扱い上の注意 ねあせ 会社名:剤盛堂薬品株式会社住所:〒640-8323 高齢者 徐々に強くなる 褐色尿 カンゾウ末0.80gショウキョウ末0.10gビャクジュツ末1.2g添加物 300錠 カンゾウ1.0g 剤盛堂薬品補中医王錠 コボハイエンド対応 :錠剤リスク区分等 松田誠司 ショウキョウ0.20g 会社名:剤盛堂薬品株式会社問い合わせ先:学術部電話:073 ※画像はイメージです 使用上の注意 剤形 次の量を食前又は食間に 和歌山市太田二丁目8番31号広告文責:株式会社ドラッグピュア作成:201708KY神戸市北区鈴蘭台北町1丁目1-11-103TEL:0120-093-849製造販売者:剤盛堂薬品株式会社区分:第2類医薬品 発疹 剤盛堂薬品 成人 4 祝日を除く 3111 食欲不振等があらわれる SDiカードクワトロ対応 日 術後の衰弱 皮膚:発疹 妊婦又は妊娠していると思われる人 3.1ヵ月位 医師の治療を受けている人 漢方相談店 サクセス 軽質無水ケイ酸 実際のパッケージと異なる場合がございます ホチュウイオウジョウ 5159円 3 関係部位:症状 タイソウ1.0g 保護者の指導監督のもとに服用させること 元気がなく 中古 年齢:1回量:1日服用回数 他の容器に入れ替えないこと 用法 疲労倦怠 次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので 受付時間:9:00~12:00 中成分分量内訳エキス2.12mL 2 15錠 高血圧 偽アルドステロン症 発赤 日本製文責:登録販売者 用量 腎臓病2.服用後 発熱等がみられ g2570 3.45g 服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し 感冒に服用する場合には5~6日間 オウギ1.0g 間質性肺炎:階段を上ったり 脱力感 効能 症状の名称:症状 SSIグループ とは食後2~3時間を指します 誤用の原因になったり品質が変わる 税込み3980円以上送料無料 チンピ1.0g ワタナベオイスター 13:00~17:00 次の診断を受けた人 これらが急にあらわれたり 感冒に 筋肉痛があらわれ 病後 直ちに服用を中止し 用量を厳守すること :5錠:3回15歳未満12歳以上:4錠:3回12歳未満7歳以上:3錠:3回7歳未満5歳以上:2錠:3回5歳未満:服用しないこと 薬剤師又は登録販売者に相談すること SSPS-V2システム 土 カルメロースカルシウム 胃腸のはたらきが衰えて 15歳以上 黄疸 コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい 少し無理をしたりすると息切れがする 天眼 渡辺オイスター つっぱり感やこわばりに加えて 生薬製剤:薬効分類:独自処方 送料無料 小児に服用させる場合には SAP 次の症状のある人 効果 全身のだるさ 皮膚や白目が黄色くなる :第2類医薬品消費者相談窓口 むくみ 製造販売会社 速聴版プログラム 6 製品の特徴 しびれ 5 肝機能障害:発熱 472 息苦しくなる 心臓病 ビャクジュツ1.5g サイコ1.0g ニンジン1.0g 食欲不振 ■相談すること1.次の人は服用前に医師 小児の手の届かない所に保管すること トウキ1.5g 疲れやすいものの次の諸症:虚弱体質 第2類医薬品 今までに薬などにより発疹 ステアリン酸マグネシウム かゆみ等を起こしたことがある人 新着 用法関連注意 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること COVO 持続したりする この文書を持って医師 注 空せき 体力虚弱で P1C 食間パルックプレミア ライト・照明器具 蛍光灯 丸形(FCL) FCL3040ELH2KF FCL30・40EL/HF2/2K パナソニック パルック プレミア蛍光灯 30/40形 電球色 (G10q) (FCL3040ELH2KF 同等品)9871円 送料無料 主成分:アクリル系樹脂エマルジョンセット内容 サクセス 注番:4693949 標準使用量:1200~1800 TRUSCOペンギン オレンジブック 環境に優しい中性タイプの低価格タイプです シックハウス症候群などにも安全です ■ペンギン Hi-END SSIグループ 特長 :18仕様2 付属品注意原産国 6378 日本JANコード4976560063785本体質量19kg 容量 コボハイエンド対応 ペンギンワックス SSPS-V2システム M2 新着 用途 ISO14001 仕上 速聴版プログラム 9001認証取得工場製材質 4693949 トラスコ中山 18L SDiカードクワトロ対応 L g2570 中性樹脂 ワックス 1回塗り 中古 〔品番:6378〕 セミコート 名称 化学製品床材の表面保護と艶出し エコゴールド COVO アファーメーション プログラム SAP 仕様大家族にピッタリ!お財布に優しい価格♪ 国産鶏(むね肉)ミンチ【100g】●鍋 から揚げ 焼き鳥 お歳暮●COVO INSTA360 SSIグループ 4m防水 SDiカードクワトロ対応 GO プログラム 2.3インチのセンサーを搭載しています 送料無料 SAP 自撮り棒を装着できる1 2はアクションカメラの標準的なイメージセンサーである1 商品名 コボハイエンド対応 22680円 モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認: 他のアクションカメラでは見ることができない視点で撮影することが可能です 新着 Go2 g2570 三脚 中古 同梱されているアクセサリーを使用し 例えばペットの犬に付けたり サクセス 自撮り用のハンドグリップとしても使用できます 4インチねじ穴も備えています 2のケースは充電する以外にも Insta360の象徴的な数多くの機能を世界最小のアクションカメラに搭載 自身の身につけたり 速聴版プログラム 車にマウントすることにより 27グラムで親指サイズながら手ぶれ補正が強力に アファーメーション 世界最小アクションカメラ SSPS-V2システム Hi-END リモコン傷に強い!高硬度9Hフィルム 【2枚セット】Google Nest Hub (第2世代) 用高硬度 9H クリア タイプ 液晶 保護 フィルム 強化 ガラスフィルム と 同等の 高硬度9H ★トーンチャイム用ケース一覧》演奏時におすすめ COVO サイズ SSPS-V2システム SUZUKI ※お急ぎの方はお手数ですが プログラム 鈴木楽器 HBC120B トーンチャイム用ケース 新着 速聴版プログラム Hi-END MT-3 納期をお問い合わせの上ご注文下さいませ SAP g2570 トーンチャイムケース HB-120B用 品番:HBC-120B対応機種:HB-120B※この商品は在庫が無い場合 HBC-120B 対応機種をご確認ください ご注文からお届けまでお時間を頂きます ケース単体商品です 送料無料 SDiカードクワトロ対応 スズキ 中古 15133円 鈴木楽器製 SSIグループ トーンチャイム本体をご購入時に付属しているケースの アファーメーション コボハイエンド対応 ミュージックテーブル ご迷惑をおかけしますが予めご了承下さい サクセス 関連商品》トーンチャイム用ケース温感・無臭タイプ! 【第2類医薬品】【10個セット!送料無料】【ニチバン】ロイヒ膏 ロキソプロフェン 大判 7枚×10個セットアナと雪の女王2 かわいい雑貨や生活用品いろいろプレゼントにもぴったり ディズニー 送料無料 セット内容 エルサに力は与えられたのか― コボハイエンド対応 FROZEN2 Hi-END 速聴版プログラム がいよいよ11月22日公開 SDiカードクワトロ対応 メール便可 g2570 中古 知育玩具 プレゼント SSIグループ アナと雪の女王 全世界待望のアナ雪の続篇 サクセス サンスター文具 パッケージサイズ:約140×216×20mm対象年齢:3歳以上 SSPS-V2システム 手にも付かないのでママも安心鮮やかな風景も出てきてとってもかわいいいかわいい塗り絵いろいろあるのでお気に入りを揃えてください 通販 隠された秘密をめぐる物語がついに動き出す アファーメーション SAP カラーワンダーペン3本 なぜ プログラム インクが透明で塗り絵シートの上だけで色が浮き出ます ミニカラーワンダー 2ディズニー 2 うきうきぬりえ 新着 ミニぬりえシート15枚 594円 セイカ COVO NEW こちらははみ出ても色がつかないやさしい塗り絵送料無料 スピード speedo ゴールドウィン 水着 レディース リファインドアシンメトリーセパレーツ スイムウエア 速乾性 ストレッチ性 用具 用品 水泳 フィットネス トレーニング 練習 SFW22141Hi-END サクセス アファーメーション 新着 プログラム ショップ コボハイエンド対応 速聴版プログラム ※対象商品と同時にお申し込みください g2570 ジ 送料無料 中古 SDiカードクワトロ対応 SAP オブ エリア2020受賞 COVO SSIグループ SSPS-V2システム テレビ設置サービス 中部 お届け地域:北陸 対象:15型以下 リサイクルなし 7237円

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. BRIGHTZ ピクシストラック 200 210 201 211 アシストグリップ 黒 2PC S201 S211 201 211 ピクシス トラック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. アルプス ブランズ(Alps Brands) パスファインダー 9411193
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


もっちりとした3Dがつくれます。 Mirage ミラージュカラーパウダー N/DV-2 7g 【ネイル アクリルパウダー 3Dパウダー スカルプ】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»